Twitterフォロワー数7万人超え!★★大人気のいきものマニアぬまがさワタリ初の児童書!全編新作! 動物たちの知られざる姿に思わずお腹をかかえて笑っちゃいます。

これは読んだら誰かに教えたくなる知識が満載の一冊。

全ページがぬまがさワタリさんのイラストで解説されているので、活字が苦手な方にもおすすめです。

この本はさまざまな動物をとりあげていますが、それぞれの生き物について「オモテとウラ」に分けて解説しています。

特にこのウラの部分が、動物のあまり知られていない部分をかいま見ることができて面白いです。


いくつか例を挙げてみましょう。

この本では、パンダの「ウラ」の部分として、実はヒツジやヤギも食べることが紹介されています。

笹しか食べないわけではなかったんですね。

パンダが笹を食べるのは競争が少ないからですが、パンダはクマであり雑食性なので、肉も消化できるのです。

これを知ったら、なんとなくパンダを見る目が変わってしまいそうですね。


海の生き物にも驚くべき生態を持つものがすくなくありません。

「海のクリーニング屋」として知られているホンソメワケベラですが、「ウラ」のページを見てみると、なんとホンソメワケベラに成りすます魚がいるのです。

この魚は「ニセクロスジギンポ」というのですが、大きな魚の口のなかを掃除するふりをして、エラや皮膚の一部をかじりとってしまうのです。

ニセクロスジギンポはあまりにもホンソメワケベラとそっくりなので、プロの飼育員でも見分けがつかないのだとか。

こんな正存戦略をとっている魚がいるとは驚きですね。

この魚のことはまったく知りませんでしたが、さかなクンなら知ってるのでしょうか?


ほかにも、『ぬまがさワタリのゆかいないきもの(秘)図鑑』では……

・世界一長生き、500年以上生きるアイスランドガイ

・タツノオトシゴの出産の秘密

・像を二頭殺せるモウドクヤドクガエル

・ハゲワシが禿げている理由

・宿主の舌になり代わるウオノエ

などなど、数多くの楽しい動物の生態が紹介されています。

基本は子供向けの内容ですが、大人でも楽しめるので親子で読むのもいいのではないでしょうか。

『ぬまがさワタリのゆかいないきもの(秘)図鑑』はkindle unlimitedで読み放題です。

kindle unlimitedのご利用はこちらからどうぞ。