「 聖書とは何か?」「旧約聖書と新約聖書ちがいは?」「救世主とは?」など、本書は、天地創造から最後の審判まで、聖書の世界がスッキリわかる1冊です!!

これは聖書入門として最適な本です。

天地創造からノアの大洪水、出エジプトやイスラエル王国の建国など有名なエピソードはほぼ載っているうえに、前ページがイラスト付きなのでとても読みやすい。

地図も豊富で、パウロの伝道旅行の経路なども図示されているので、パウロの布教活動を視覚的に理解することができます。

聖書について知りたいけど、いきなり聖書を読むのはハードルが高い……という方には、間違いなくおすすめできる一冊です。

ノアの大洪水のその後は……

ノアの大洪水は、聖書を読んだことのない方でも知っている有名なエピソードです。

ですが、生き残ったノアのその後については知らない方も多いのではないでしょうか。

この本には、ノアの驚くべき人生が語られています。ノアにはセム・ヤフェト・ハムという3人の息子がいるのですが、ある日泥酔したノアは、一番下の息子ハムに裸で寝ている姿を見られてしまうのです。

激怒したノアは、「ハムはその子孫とともに呪われよ。奴隷のまた奴隷として、兄たちの末裔に仕えよ」と言ったのです。

ハムの子孫にはパレスチナ人も含まれます。パレスチナの地を奪う形でイスラエルが建国されたことを、ノアの呪いの実現と捉える人達もいるのです。

はるか昔に旧約聖書に書かれた出来事が、現代の政治情勢にまで影を落とすのは驚くべき事実ではないでしょうか。

差別されている人にも寛容なイエス

新約聖書の解説ページを読むと、イエスは徴税人や罪人など、当時差別を受けていた人々とともに食事をとったことが印象に残ります。

徴税人はローマに取り入り私腹を肥やすものとして、ユダヤ社会では憎まれる存在でした。

このためイエスの行為は批判されましたが、イエスは「医者を必要とするのは健康な人ではなく病人である」と反論しました。

さらにイエスは、ユダヤの敵であるローマの百人隊長の部下の病気も治しました。イエスは一切分け隔てなく、救いを求める人に手をさしのべたのです。

イエスと孔子や仏陀の教えはまったく違いますが、これらの偉人には共通点があります。それは身分に関係なく教えを説いたことです。

仏陀は身分に関係なく正しい修業を積めば悟りをひらけるとし、孔子は謝礼を払えば誰にでも礼を教えました。

イエスがこれらの偉人と並び称されるのは、多くの人に受け入れられる、普遍性の高い教えを説いたからなのでしょう。

キリスト教徒の迫害

イエスが十字架にかけられた後の弟子たちの活動も心に残ります。

仏教とキリスト教の大きな違いは、迫害のされ方です。初期から王様が入信していた仏教と違い、イエスの弟子たちは厳しい迫害を受けています。

この本の「使徒たちの殉教」の項を読むと、イエスの十二弟子のうち、天寿を全うできたのはヨハネ一人だけだとわかります。

イエスの弟子たちが命の危険にさらされたいたのは、イエスの教えが伝統的なユダヤ教と大いに異なっていたからです。興味深いことに、のちにはイエスの熱心な信者になるパウロも、もともとはイエスと敵対する側だったのです。

パウロは熱心なユダヤ教徒の家に生まれ、ヘレニストの代表的人物ステファノを迫害した人物の一人でしたが、のちに回心して熱心なキリスト教信者になります。

この本では、このパウロの伝道ルートをすべて地図で示しています。伝道先では石打にあったり、幽閉されたりするなど何度も危機にみまわれていますが、決して後には引かないパウロの意志の強さには驚くばかりです。

興味の向いたところから読めばいい

『カラー版 イチから知りたい!聖書の本』は旧約・新約聖書のおもしろいところをダイジェストで紹介しているので、どこでも興味の向いたところから読めばいいと思います。

とくに旧約聖書は歴史小説のようなノリで読めるところも多いので、楽しんで読んでいるうちに聖書の知識が身につきます。

ユダヤの歴史について知りたい方は旧約聖書のページを、キリスト教の教えやイエスの弟子たちについて知りたい方は新約聖書のページを中心に読むといいのではないでしょうか。


『カラー版 イチから知りたい!聖書の本』はkindle unlimitedで読み放題対象になっています。

kindle unlimitedのご利用はこちらからどうぞ。