この4行が理解できるだけで、宗教から社会問題まで、世界の仕組みが読み解ける。日本で最も著名な社会学者が到達した、思考の最終着地点。キリスト教、イスラム教、ヒンドゥ教、中国(儒教)、そして日本。その文明の本質をコンパクトにまとめ、そこから米中貿易戦争からテロまで現代社会の諸問題を分析していく、圧巻の橋爪ワールド。

4行で世界の文明をモデル化

この本は、キリスト教世界・イスラム教世界・ヒンドゥー教世界・儒教世界に特徴について、それぞれわずか4行で説明するものです。

もちろん4行で終わっては短すぎるので、なぜそのようにモデル化できるのかを解説しています。

各文明圏の人々の行動様式は、以下のようにモデル化されます。

1.まず自己主張する。

2.相手も自己主張している。

3.このままだと、紛争になる。

4.〇〇〇〇なので、紛争が回避できる。

つまり、文明ごとに紛争を避けるノウハウが異なるということです。

どの文明圏の人々も基本的に自己主張が強く、そのままでは戦争が避けられません。戦争は双方の被害が大きいので、あくまで最終的な解決手段です。

戦争になる前にトラブルを治めるためのノウハウがあり、そこに文明の違いが出てきます。

この本で提示されている4行のモデルは単純化しすぎな感じもありますが、橋爪さんにいわせればモデル化するということは捨象することであり、枝葉を切り捨てることなのでどうしてもそうなります。

ヒンドゥー教と仏教の違いがよくわかる

この本の四章を読むと、ヒンドゥー教文明の場合、4に入るのは「でも、人々は別々の法則に従っているので、紛争にならない」です。

つまり、カースト制によって人々が階級別にわかれているので、紛争が避けられるというのです。

カースト制は人々を異なる集団に分断するため、連帯を困難にします。中国の場合、ほとんどの人が儒教の価値観を持っているため民衆が広範囲に連帯し、王朝を打倒したりしますが、インドではなかなかこういうことが起こりません。

インドではカーストが異なると、食事を共にすることすらありません。こうして、紛争が事前に防がれているという説明になります。


そして、この章では「仏教とはアンチカースト制」という説明もなされます。

仏教ではどのカーストの出身であろうと、教団で集団生活を営みます。ヒンドゥー社会の伝統とは異なり、身分は関係なく皆が自由に交流し討論するのです。

どんな身分の人でも、決められた修行をすれば悟りを開き、ブッダになることができます。

そんな仏教にもまた、仏教独自の紛争回避プログラムがあります。

仏教の場合、モデルの4行目に入るのは「真理があるので、紛争は回避できる」となります。欲と煩悩へのとらわれから脱却できたなら、確かに多くの紛争が回避できるでしょう。

これは実行が困難だったかもしれませんが、ある意味根本的な紛争回避方法でもあります。この仏教の紛争回避プログラムを、橋爪さんは「ヒンドゥー教よりも正面から人間社会の争いの可能性について考えているように思う」と評価しています。

この評価が正しいかはともかくとして、仏教の紛争回避プログラムがヒンドゥー教とは大いに異なっていることは確かです。

私は仏教を「紛争回避の手段」として考えたことはなかったので、この本の見方は新鮮でした。こういうところに、比較宗教学の面白さがあるのかもしれません。

日本文化はやはり特殊?

キリスト教世界・イスラム教世界・ヒンドゥー教世界・儒教世界ではそれぞれが自己主張するという前提ですが、この本によれば、日本社会だけが違う行動様式で成り立っています。

各々が自己主張せず相手の様子を見、相手も同じことをしている。そのままでは何も決まらないので、話し合って決めるというのが日本の4行モデルになります。

これが正しいとすれば、日本はやはりかなり特殊な社会ということになります。

イスラム教のアラー与えた法律やキリスト教の自然法のような普遍的なルールがなく、それぞれの集団ごとにローカルルールがあるため、集団の都合を社会全体の利益に優先させがちになるのが日本の特徴だとこの本では解説されます。

いじめを隠蔽する学校の在りようなどを見ると、確かにそうかもしれない……と感じられます。

他の文明では宗教が集団の在り方を規定しているのですが、日本の場合はそうでないところも特徴的です。

なぜ日本人があまり自己主張しないのか、「複数の民族が構想する場所ではない」と書かれているくらいで、あまりくわしくは解説されません。ここはやや物足りなく感じられます。

とはいうものの、4行でそれぞれの文明について解説するというコンセプトは面白く、どこまで正しいのかという疑問はありつつも、もっとイスラム教やヒンドゥー教などについて知りたくなったのも確かです。

世界各地の宗教や文明について知りたい方には、最初の一冊としていい本ではないでしょうか。


『4行でわかる世界の文明』はkindle unlimitedで読み放題対象です。

kindle unlimitedのご利用はこちらからどうぞ。